不動産担保ローンを信用金庫から借りた理由

私が不動産担保ローンを利用した理由

今利用している自動車ローンの金利が7%だったので、それを借り換えしたいと考えたのが申し込みしようと思った理由です。
担保にする不動産は所有しており、担保価値としても問題ないと判断されました。
そして申し込みから6日後に200万円の借入に成功したのです。
審査の入力項目は少し多いと思いましたが、特に難しい点はなかったです。
キャッシングの場合は自分の信用力がすべてだそうですが、不動産担保ローンは担保の価値が重視されるそうです。
担保価値の満額の借入はできないそうで、大体60〜70%くらいになると聞きました。
それを考慮しても200万円の借入ができたので満足でした。
返済期間は最長30年まで設定できますが、希望額によって大体決まるようです。
私の場合は3年間で完済するシミュレーションを立ててみて、問題ないと感じたので3年間を設定しました。
むやみに返済を長期化させてしまうと、利息が大きくなるのを把握していたからです。
借入の方法は口座振込となっており、キャッシングのときとは違いました。
キャッシング時代はローンカードが発行されて、専用ATMで出金する方法だったのです。
おどろくほど便利でしたが、借りすぎてしまう問題がありました。
そのときからキャッシングは自分に合わないと思うようになり、カードのないローンを探すようになりました。
カードがないと確かに不便ですが、明らかに無駄遣いは減りますね。
安易に追加融資を受けられないので、我慢することが増えたからです。
クレジットカードにも言えますが、いつでも使えるとなると我慢できなくなる人が多いでしょう。
カードを所有すると消費が1〜2割以上は増えると言われているのですが、これは本当だと実感しました。

意外と見落としがちな信用金庫ローンのメリット | 私が不動産担保ローンを利用した理由 | ローン返済の注意点と返済利息を抑えるコツ | 不動産担保ローンでゆとりのある返済

不動産担保ローン楽天銀行