不動産担保ローンを信用金庫から借りた理由

意外と見落としがちな信用金庫ローンのメリット

貸付する金融機関と言えば銀行と消費者金融を最初に思い浮かべますが、思いのほか信用金庫は穴場になっていると感じました。
不動産担保ローンの実質年率が2.5%〜4.5%という低さに設定されており、これは銀行融資よりずっと低いです。
これほど低く借りられるなら、もっと早く気づくべきでしたね。
ちなみに銀行だと10%程度、消費者金融だと15%程度が相場のようです。
5%未満という信用金庫の金利は、銀行と比較しても圧倒的な低さでした。
ただ地元に居住している必要があるので、これは制限と言えるかもしれません。
それでも引越しする予定はありませんから、特にデメリットには感じませんでした。
何より4.5%というお金利で借入できるのは大きく、些細なデメリットはまったく気になりません。
利用できるのは20歳以上からとなっており、ここは消費者金融のローンと同じでした。
やはりローン関係全般は成人にならないと利用できないようです。
気になった不動産担保ローンのメリットは、個人にも対応していることでした。
法人や個人事業主以外の一般消費者にも対応しているので、キャッシングのように利用できるわけです。
キャッシングはもともと高金利のローンだと知っていましたし、過去に返済でかなり苦労した記憶があります。
そのときから再びキャッシングは利用しないと決めていたので、信用金庫ローンを検討したわけです。
用途は幅広く設定されており、借り換えにも対応していました。

不動産担保ローンの借り換え(・へ・)やっぱり有名な銀行の営業の人の対応は一流。
信用金庫は地域密着で地元の人大事ってアピールだけど接客がフレンドリー過ぎて取引するテンションが下がる。
だけど融通が利くのは信用金庫なんだよね~悩む(>_<)

— miyo_ume (@mioseharu) 2010年11月5日

意外と見落としがちな信用金庫ローンのメリット | 私が不動産担保ローンを利用した理由 | ローン返済の注意点と返済利息を抑えるコツ